修理を行なう

ロレックスのオーバーホールとは

ロレックスは複雑な構造をしたものも多く定期的な油の交換は必須の作業となります。3年に1度ぐらいはオーバーホールを行いたいところです。 内部の油は汚れや経年劣化で変質します。そのまま放置していると内部部品の破損へとつながりかねません。内部部品の交換作業は高額になることが多いのです。 定期的なオーバーホールは部品の破損を未然に防ぐことにつながるので結果的には経済的といえます。 ロレックスは複雑な構造をしているものも多くあり、オーバーホールを正規代理店に依頼すれば相応の価格となります。しかし正規代理店でなくともロレックスの修理を得意とするお店はたくさんあります。

正規代理店と一般業者の料金比較

ロレックスのオーバーホールを正規代理店に依頼した場合。 おおよそ5万円から9万円ほどかかるとみておいてよいでしょう。 現在の相場でオイスターパーペチュアルで4万3千円、デイデイトで5万5千円。いずれも税別です。 正規代理店の場合、時計の状態によってはスイス本国へ送るためやはり高額となっているようです。 一般業者の場合。 正規代理店に比べ非常に安く経済的となっています。 正規代理店と比較した場合おおよそ半額程度で済むところが多くなっています。 オイスターパーペチュアルで4万3千円、デイデイトで3万3千円程度が相場と言えそうです。 ロレックスが日本で販売されてからすでに長い歴史があります。 一般業者でも正規代理店と変わらない高い技術力を持っているところがたくさんあります。