身に付ける時計

保守点検に費やしたい費用

ロレックスの時計は時間を計ると言う機能性だけでなく、男性が身に付けるアイテムとしての魅力も存在しており、様々な国の人達に愛用されています。 ロレックスは電池式の時計と異なり、複雑な内部構造により自立して動く高級時計です。定期的にオーバーホールを行なう事により、そのクオリティを保つ事ができます。 ロレックスをオーバーホールに出した場合、18,000円〜60,000円ほどの費用が必要になるので覚えておきましょう。 こうした費用は、どのようなお店に何のロレックスをオーバーホールに出すのかによって変動します。 修理箇所がある場合は、必ず正規パーツを取り揃えているお店にオーバーホールしてもらうようにしましょう。

オーバーホールと修理の違い

オーバーホールと一般的な「修理」にはどのような違いがあるのでしょうか。 普通、修理はロレックスが故障した際に行なってもらいますので、修理費用からパーツの交換費用まで支出がかさんでしまいます。 一方オーバーホールは、ロレックスが故障する前に行なえる保守点検です。清掃から修理まで包括的に含んだ作業がオーバーホールであり、ここで不具合を調整しておく事で致命的な故障を防ぐ事ができます。 従って、オーバーホールはロレックスの修理費用を高額にしないためにも、定期的に行なう必要があるものなのです。 一般的にオーバーホールは三年に一度行なう事を推奨されています。ロレックスの会社に送って見て頂く事もできますので、考えてみましょう。